マフラー女子学生雪蕩けレ○プ【FANZA同人】感想・ネタばれ!

マフラー女子学生雪蕩けレ○プ【FANZA同人】

【DMMコミック】同人:マフラー女子学生雪蕩けレ○プNEW01 SP/PC

マフラー女子学生雪蕩けレ○プ【FANZA同人】【無料お試し読み】

◆タイトル

【マフラー女子学生雪蕩けレ○プ】

◆てくのみくす

◆CG :じろう テキスト:H.T

◆基本CG :15枚
画像サイズ :800×600、1024×768、1600×1200の3種類

季節は春。しかし、このあたりは雪国で、雪が解けるまでしばらくかかりそうだ。私はローカル線の駅員をしている。ドサッ。何かが落ちる音がした。ひとりの少女が尻もちをついていた。私立の高校の制服を着た少女だった。終電のなくなった田舎の駅、部活でもやっていたのだろうか?

「立てるかい?」

思わず手を差し伸べた。

「ありがとう。駅員さん。」

暖をとらせようと、待合室に少女を連れて行った。始発まで私も付き合うから。無邪気に話す彼女。防寒着を脱ぐと、彼女は、

「私も、脱いじゃおっかな」

といいスカートに手をいれ毛糸のパンツを脱いだ。先ほどの転倒で濡れてしまったようだ。彼女がかばんの中を探しているとき、無防備にもスカートの中身が丸見えだ。お尻がフリフリ動き、誘っているようにも見えた。下着の揺らめきに私は思わず手がでてしまった。形のいい 肉尻、 しっとりとした肌ざわりに、その手を離すことが出来なかった。

本能の赴くままにアソコを舐めまわし、おっぱいを揉みしだき欲望の思うがままに、何度も何度も貫いた。

「ヌプ、パン、パン、パン」

「んっ、あああ」

彼女は 処女だった。 嫌がっていた女子学生も、快楽に溺れていく。。

はい。【マフラー女子学生雪蕩けレ○プ】でした。終電のなくなった田舎の駅の待合室で、偶然にもおこった出来事。駅員さんに可憐な女子学生がレ〇プされてしまいます。描画もリアルでエロい。ショートストーリー付きCG集。少女の顔が、涙を流しながらも最後には快楽を覚え、女の顔になっていくのがエロイ。数日後に駅員さんと出会い、ニコッと笑みを浮かべてを振る姿が。これが女の本性か!?

【マフラー女子学生雪蕩けレ○プ】の無料お試しはコチラから↓↓

【DMMコミック】同人:マフラー女子学生雪蕩けレ○プNEW01 SP/PC

マフラー女子学生雪蕩けレ○プ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする