女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。【コミなび】感想・ネタばれ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

【コミなび純稿】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。ver1

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。ver1【無料試し読み】

◆タイトル

【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】

◆作者:

◆権利元:スクリーモ

◆第17巻まで配信中!

◆ボロアパートに住む俺、相川壮介。唯一の楽しみは、アパートの管理人さんと話しをすること。 清水由紀 さんは、若くて美人の大家さん。毎日上の部屋がうるさいので、注意しに行った俺。可愛い女の子が、ダンスの練習をしていたので、つい許してしまう俺。

あの可愛い女の子を想いながら、シコるかっ。すると突然、天井から女のコが落ち、天井にハマル。下から支えるも落ちた。俺のチ〇ポの上に。。

「やっ、やめてください…」

「ズプッ、ズプッ、ズプッ」

「キュゥゥゥ…ッ」

「ビクビクビクッビクッ」

「何かあったんですかー!」

大家さんが俺の部屋に。その光景を見て呆然と佇む由紀がいた。天井に穴があき部屋に住めなくなった可愛い女の子 丹生。 

「私が大家として責任を取ります。」

「相川君は私としばらく、一緒に住んでもらいます。」

大家さんと共同生活が始まった。以外と寝相の悪い由紀さんに、布団をかぶせる俺。

「は!?」

「ちょっとだけ…!」

「触るだけなら…!」

おっぱいに触れてみた。

「お…おおおお」

「触るだけじゃ満足できない…]

目に前に 巨乳が、 はだけていた。。

まずは、この奇想天外なストーリー。ありえへんやろっ。と思いながら見てしまうところが面白い!天井から女のコが。。アソコにズブッ!いやいや、ありえへんから。あはは。可愛い女の子だから許す。その後の展開も グッド! 2巻以降は、由紀にセ〇クスを拒否されるも、新しい展開が!?丹生とは、いい関係に!?ストーリーが面白い作品でした。

【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】の無料お試しはコチラから↓↓

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする